KISSYポータル: Kyoto Intercultural Summer School for Youths
児童のための京都異文化サマースクール

KISSYとは?


KISSYの目指すもの


言語・文化・ワークスタイルの壁を越え、何かを創作できるという実感体験をもってもらうことです。海外児童と協議する経験を持つことで、言語制約の壁を越えてコミュニケーションを取る意欲を養います。KISSYでは、各国の児童が母国語を用いて自分の意見を主張できるよう、独自の機械翻訳ツールを使用しながらアクティビティを行います。また、外国語で話すことに挑戦してみたい!という場合でも本ツールを利用することができ語学学習効果も期待できます。

認定NPO法人パンゲアは世界の子ども達がつながりを感じられるプラットフォームづくりを目指しており、KISSYもそのための革新的な取り組みの一つです。参加児童は、ケニア・韓国・カンボジア・日本などの子ども達が集まるグローバルな環境の中で考え、行動することで、よりよい経験ができると思います。

前回(KISSY2016)の成果


2016年7月30日~8月6日の8日間、ケニア、韓国、カンボジア、オーストリア、そして日本の子ども達が京都に集い、言語の枠を越えてワークショップを行うKISSYが開催されました。

5カ国から集まったのは、小学校3年生~中学校3年生の子ども達、総勢35名。KISSY開催中は京都市内のユースホステルで寝食を共にし、ワークショップ以外の時間にも交流を深めました。

守るべきルールはただ一つ「人の嫌がることをしない」

共通言語がない中、5カ国の子ども達は最新の翻訳ツールを使い、グループごとに「私達の夢みるもの」をテーマにした作品を仕上げるためのディスカッションを重ねました。時に意見の相違・誤解に悩みました。思いが通じて喜び合った瞬間もありました。

そして最終的にオリジナリティあふれるプログラミングにより、見事な協働作品を完成させました。

今回の枠組みはその先駆性が認められ、NHKでの放送実績、京都新聞・東京新聞・時事通信社様の教育専門誌(内外教育)に掲載実績をもちます!またユネスコ国内委員会・外務省・京都市教育委員会から後援をいただきました。


参加者の声
ケニアからの参加

コンピュータがすべての言語に翻訳してくれるおかげで、他の子達とコミュニケーションできました。そうする中で日本で勉強してみたいという感情がわいてきました。もし可能なら、日本に残って夢を追及したいと感じました。

アクティビティでは、クリエイティブな作品が出来上がり、私のチームはNHKにインタビューもされました。最後の発表会では自分たちの考えを目一杯表現できました。

日本で、22人の友達ができました。差別なく皆を平等に扱い、常にそれぞれを敬いあうこの場所が大好きです!

日本からの参加

外国の子と交流できてよかったです。言葉は違っても「同じ人」ということを感じました。このようなことを、させていただいて、うれしかったです

しゃべる言葉がちがっても、心が通じ合えば言葉はかんけいないんだ、と思いました。

日本からの参加

モーターやスピーカーなど材料がたくさんあって、僕は大興奮。

音楽もみんなの国から一曲ずつ選んだり、人形に民族衣装を着せたり、いろんなアイデアを出し合いました。作品作りの間は、翻訳ソフトでチャットで会話ができたけれど、宿に帰ると身振り手振りでした。でも、言いたいことが伝わったときは、やった!!って感じました。

カンボジアからの参加

私は他の国の人達から学ぶことができて幸せです。KISSYでいろんな経験ができました。最初、配布してくれたパソコンで(機械翻訳を通じた)チャットで遊びました。

私のチームは"一緒に住むこと"をテーマにしたが、作品や計画を毎日、修正していました。自分たちのグループでデザインして、アニメのようなストーリーを作りました。絶対(どのような文化の子も)幸せなハッピーハウスの完成です。来年、日本にまた戻ってきて、パンゲアでまた新しいことに出会えることを願っています。

KISSY2017開催概要


KISSY2017開催日程


8月2日(水)

14:00
15:00

京都駅集合(保護者・付き添いの方はここまでとなります)
宿泊先へチェックイン
参加者顔合わせ

8月3日(木)

9:30-17:30

KISSY開校式 京都大学百周年時計台記念館

プログラム紹介

8月4日(金)

終日

ワークショップ

8月5日(土)

終日

ワークショップ

8月6日(日)

09:00-12:00
13:00-18:00

作品発表会(保護者見学可)
グループディスカッション

8月7日(月)

09:00-18:00

チームフィールドトリップ

8月8日(火)

09:00-17:00
18:00-21:00

全体フィールドトリップ
タレントショー

8月9日(火)

10:00

京都駅前にて解散

主催:認定NPO法人パンゲア

共催:京都大学社会情報学専攻 石田・松原研究室

協力:韓国ソウルMIZYセンター、ナイロビ国立博物館、Bright Future Kids Home、Japan Relief for Cambodia

助成:KDDI財団、日本万国博覧会記念基金


後援:外務省、日本ユネスコ国内委員会、京都市教育委員会

※本プログラムの内容は現時点での予定で、今後変更する場合がありますことをご了承ください。

参加申込みの流れ


KISSY2017への参加概要は下記となります:

・日 程: 2017年8月2日(水)から2017年8月9日(水)まで

・対象者: 小学校3年生~中学校3年生の児童

・参加費: 150,000円(税込)  ※集合場所までの交通費以外の全てを含みます。

・早 割: 3月31日までにお申込み頂いた方は、130,000円(税込)となります。

・会員割: パンゲアの正会員が申し込む場合は10,000円が割引きとなります。(早割と同時適用が可能です。正会員1名につき児童1名までとさせて頂きます。)

・宿泊及びマイクロバスでの移動については、亜細亜交流旅行企画(旅行業者番号:奈良県知事登録旅行業 3−173号)が手配いたします。

・主な会場:京都大学百周年時計台記念館


日本の参加者は定員に達しました。なお、Waiting List(キャンセル待ち)への登録も可能ですので、ご興味がございましたら、パンゲア事務局までお問い合わせください。